アイドル楽曲大賞2022の投票コメントを全て読んだので良かったものを共有する インディーズ編

 前回の続きです。

espressoonrice.hatenablog.jp

www.esrp2.jp

 

目次

1153位 前髪がくずれちゃう前に / 1学期の前髪

1153位 雨のフェスティバル / 雨上がりのプラネット

724位 恋と不思議なCHEWINGGUM! / 代々木女子音楽院

475位 ガラスの片想い / アイドルカレッジ

434位 HARE HARE / あっしゅない!

278位 まざらないや / 美味しい曖昧

86位 幸せなんだ / NEO JAPONISM

61位 フィルムリールを回して / airattic

29位 オーロラ / RYUTist

23位 正夢の少女 / かすみ草とステラ

9位 アイドルライフスターターパック / iLiFE!

 

自分の投票はこんな感じでした。(インディーズ)

 

1153位 前髪がくずれちゃう前に / 1学期の前髪

好きになりそうな雰囲気を感じたので聴きましたが最高でした。冒頭の可愛いボーカルに感動しました。ありがとうございました。

open.spotify.com

 

1153位 雨のフェスティバル / 雨上がりのプラネット

北アイルランド?で気になりました。最初から最後までブレずにドリーミーが続いてくれます。展開の少なさを恐れない主張やあざとさが薄く、良かったです。好きです。

open.spotify.com

 

724位 恋と不思議なCHEWINGGUM! / 代々木女子音楽院

全てその通りでした。間違いなく神曲です。もし知っていたら投票候補に考えていた可能性すらあります。最高!

open.spotify.com

 

475位 ガラスの片想い /アイドルカレッジ

想像できない風景です。

open.spotify.com

 

434位 HARE HARE / あっしゅない!

メジャー編でも紹介した方のコメントでした。これめっちゃ良い曲ですね...。サビのメロディが輝いています。

youtu.be

 

278位 まざらないや / 美味しい曖昧

聴いたことのある曲です。なんか良かった。コメントをいっぱい読んでいるとこんな短文に癒されたりする瞬間も出てきます。あざと休符のイメージでしたがやっぱりあざとくて良かった。

open.spotify.com

 

86位 幸せなんだ / NEO JAPONISM

曲を聴いてから読むとさらに良いコメントだなと思いました。素敵!

open.spotify.com

 

61位  フィルムリールを回して / airattic

SOVAがあの手のギターサウンドやらなくなったらどうするんだよと本気で思っているので応援しています。私も投票しました。RAYのアルバムを通しでかけてから聴きましょう。良いなァ〜〜〜

open.spotify.com

 

29位 オーロラ / RYUTist

ふわふわで可愛くて好きな曲だったので共感でした。これが雪国サウンドなのかどうなのか、そんなくくりがあるのか。音楽の歴史に詳しい方が書いたアルバムのレビューや感想を読みます。

open.spotify.com

 

23位 正夢の少女 / かすみ草とステラ

わかりやすいまとめだなと思ったので紹介します。ちなみにわたしはオルゴール ver.が大好きなオタクです。

open.spotify.com

open.spotify.com

 

9位 アイドルライフスターターパック / iLiFE!

音源で聴いてもそこまで面白くない感じが真っ直ぐで良いのに結局ライブで神曲でも音源としてリリースする環境はひとまずまだ保たれていることの確認ができたし、こういう曲がリリースされなくなったら終わりだと思います。TikTokですらもうよくわからないのにこれからどうなるのでしょうか...。オタクとの忘年会で適当に振りコピしながら歌ったらめっちゃ楽しかったです。最高でした。

 

...じゃあ非オタクとのそれで歌えそうかといったら(行かないので想像ですが)臆病なので多分無理。そしてふるっぱーを選択するでしょう。ヤマモトショウさんという最高のアイドルソングを作る方がいて...去年もあれとかそれとか、いやもっと前から、ふぇのたすって知ってる?メジャーデビューしたフィロソフィーのダンス見たことない?インディーズ時代の...。今年も常に正しかったです。だから全部良いからいまさらだけど、オタクやりませんか?投票期間ベストはずーちゃんとの曲だと思っています。2023年も正しく、クリームソーダなどを飲みに喫茶店へ行きましょう。お疲れ様でした。

 

コメント引用元サイト

www.esrp2.jp

 

アルバム編に続く

アイドル楽曲大賞2022の投票コメントを全て読んだので良かったものを共有する メジャー編 (坂道多め)

 今年も一月は楽曲大賞の投票コメントを読んでいます。アイドルソングに対する熱っぽい盛り上がりを共有できる楽しい空間がこの企画のコメント欄ですよね。

 ここでは、メジャーアイドル楽曲部門の投票コメントを全て読んだ私が良いなと感じたコメントをさらに共有していきます。順位が低い楽曲を特に聴いてほしいので下位からの紹介です。

 

www.esrp2.jp

 

目次

694位 どうしようもないこと / NGT48

542位 ラジオ体操第1 広島編 / 甲斐心愛 (STU48)

382位 ツラみ / chuLa

293位 トゥインクル・ディバディ・ドゥ / 26時のマスカレイド

226位 プロローグ / Ange☆Reve

168位 ジャンピングジョーカーフラッシュ / 乃木坂46

118位 ゴーフルと君 / 日向坂46

93位 微笑ノ国 / FES☆TIVE

74位 アンビバレンス / PiXMiX

58位 君とサイダー / なんキニ!

52位 さよならタイガー / 虹のコンキスタドール

29位 摩擦係数 / 櫻坂46

27位 僕なんか / 日向坂46

10位 ハッピーエンドとそれから / 私立恵比寿中学

8位 マッシュ・ド・アート / わーすた

 

 

自分の投票はこんな感じでした。(メジャー)

 

 

694位 どうしようもないこと / NGT48

改めて、そうだよね。地方アイドルって良いよね〜と思いました。

色々あっても人間の生活をやっていく中からこうやって聴き始めるオタクはいるし、地元や好きな街を大切にすることについて考えました。

open.spotify.com

 

 

542位 ラジオ体操第1 広島編 / 甲斐心愛 (STU48)

企画盤の紹介コメントです。坂道ファンとして今年の日向坂-STUの関係性をチェックしていましたが、これは知りませんでした。ありがたいです。素晴らしい歌声でした。

open.spotify.com

 

 

382位 ツラみ / chuLa

エポックメイキングなフレーズとその前後の流れが気になり、さっそく楽曲を聴いてみました。確かにこの部分面白いです。TikTokからの流行音楽を聴いていくにあたり、音や詞がどのように切り取られているのかを見ていく必要はありそうです。

open.spotify.com

 

 

293位 トゥインクル・ディバディ・ドゥ / 26時のマスカレイド

どこの層に届けたいのか不安定なアイドルソングという印象で一度だけ聴いていたこの曲ですが、熱心に好きでいたであろうオタクから、今更でもMVをチェックしてみようと思わせてくれました。

open.spotify.com

 

 

226位 プロローグ / Ange☆Reve

聴いたこともない曲なのに、そ、そうですよねと頷いてしまうような、ちょっと前の楽曲派オタクコメントが思い浮かびました。私はこうされると、今すぐ聴いて確かめます!となります。綺麗な2サビレスでした。

open.spotify.com

 

 

168位 ジャンピングジョーカーフラッシュ / 乃木坂46

この曲に対して言いたいことがいい感じに3人のコメントで表現されていました。MVめっちゃ可愛い坂オタ以外にカップリングを広めるにはI see…クラスのコトがないといけない結局4期曲なのか良かったです。

open.spotify.com

 

 

118位 ゴーフルと君 / 日向坂46

最近、日向坂の新メンバー4期生が登場しているひなあいをまとめて見返していました。その時の感情は、はしゃぐお姉さん3期生が異常に可愛い…で、3期曲の曲調に重ね合わせてしまいます。テーマパーク感は夏ジャムもそうですし、メンバーのこと、作曲のこと、康のこと、3つのコメントに連続で共感しました。

open.spotify.com

 

 

93位 微笑ノ国 / FES☆TIVE

シタールの音が入っているアイドルソングを探しているときに聴いていたフェスティブの新曲で、なるほどまた違った面白がり方もあるよなと思いました。面白さがわかったと発表しているところが良いです。

open.spotify.com

 

 

74位 アンビバレンス / PiXMiX

騙されたと思ってもう一度アンビバレンスを聴きました。リーダーの歌唱パートがどこなのかを調べてみよう

open.spotify.com

 

 

58位 君とサイダー / なんキニ!

韻の良さコメント3連続です。これは私も聴いていて同感でした。

open.spotify.com

 

 

52位 さよならタイガー / 虹のコンキスタドール

面白いテーマと楽しい音と社会派スパイスでネコちゃんになる気持ち、よくわかります。好きなコメントです。

open.spotify.com

 

 

29位 摩擦係数 / 櫻坂46

生誕披露のカバー曲で選ばれる櫻坂の情報を知られて良かったです。ナイス。

open.spotify.com

 

 

27位 僕なんか / 日向坂46

そうなんですよねこの表題には、~が良い。~だけれど。のようなコメントが似合います。逆でもいいと思いますが、なんかちょっと最後にしょーもない希望があり、スパッと終わるのもそういうことなんすかねそれにしても感傷オタクには過剰に湿っぽいピアノアウトロが欲しかったです。わかる。

open.spotify.com

 

 

10位 ハッピーエンドとそれから / 私立恵比寿中学

そうしなければならない時があることを受け入れていても、私はやっぱり過去を投げやりにしないで、むしろ優しい思い出に救われながら生きていくしかないと思っていまして、それはひとまずハッピーエンドという区切りを作ることに意味があると信じているからです。良い曲だと思います。

open.spotify.com

 

 

8位 マッシュ・ド・アート / わーすた

自分自身も振り回される中に何かを見出しながらオタクをやってきているので、そこへの異常な快楽が好きな音楽にも反映されています。大好きな曲です。MVが可愛すぎてめちゃくちゃな回数見ました。

open.spotify.com

 

 

コメント引用元サイト

www.esrp2.jp

 

 

インディーズ編に続く 

さんぽれぽーと

元日に親戚が亡くなった。

新年の雰囲気を楽しむようなことが許されない空気に、葬式は生き残った者のためにあるという力強い言い分を信じることができなかった。

そんな自分への罪悪感があり、どれだけ悲しくて泣いていても、もっと長く生きていてほしかった、より、長い間本当にお疲れ様でした。と心から思っていた。

今は薄情だと思われても良くて、それは自殺まであと2歩くらいの時の私だってたぶんそう言ってくれると思っているからだ。

なんとか葬式を終え、私は散歩に出かけた。

最初の目的地は図書館で、フィッツジェラルドグレート・ギャツビーを借りた。

数日前、私はフィッツジェラルドceroの順番でMy Lost Cityにハマった人と出会っていた。私とは逆順。あの人にはどんな風景が見えているのかとても気になり、感動した。

フィッツジェラルドの話になると、彼はグレート・ギャツビーをおすすめしてくれた。人生で最もおすすめしたい本だと、笑っちゃうくらい強い主張が好きだったし、私も、明日借りてすぐ読みますと強いレシーブを返した。(明日ではなかったけれど)

警報音が鳴り始め、踏切で立ち止まり、遮断機が降りて電車の通過を待っている。

逆再生の警報音で人々が立ち止まる風景を想像して、誰かが流行歌に取り入れたのかな?と思った。

いつも通りの真っ暗な海を期待して海まで行った。(いつも通りでも振り返れば色々な光がある)

砂浜へと続く道には4人組がいて、大きなリュックサックを背負った人、コンビニのレジ袋を持っている人、手を繋いでいる2人という内訳だった。

その時、リスナーの私のイヤホンからはフォーレのピアノ作品集が聞こえていた。すると選曲家の私が、ちょうど良さそうな音楽をかけてやろうと、ブースの下のリュックサックから7インチのレコードを取り出してケースに忍ばせた。

もちろん1月の夜の海は寒くて、いつも通り砂浜にも誰もいないだろうなと思っていたけれど、結局そこには私以外に7人も先客がいて、(海に客って言葉を使うなんてどうも嫌な感じだ)、海岸中央にいた2人組は肩を組み合い、この人たちはこの寒さを期待してここに来たのだろうか?と、そうじゃないにしても、ここに来てよかったと思わないにしても、また思い出したようにここへやってくることがあればいいなと思った。

私が認めた7人のうち、最後の1人は遠くで焚き火をやっていた。

サブスクで音楽を聴いていると、その状況には通常のしりとりを大人がやっているような終わらなさがあり、ただただ飽きを待つことになってしまう。もうそろそろやめよっかと言ってくれる人の大切さを感じながら1人で砂浜を歩いた。

しりとりで言えばンジャメナみたく、んで始まる音楽はそれよりずっと多いというか、終わらねえよ...という感情で完成した音楽が、人生の""という終わりの状況から続きを見せてくれることがある。

4人の女の子の会話が聞こえてきた時、さっきの選曲家はtipToe.のないしょとーくをプレイしていたし、さっきの私はイヤホンを着けて歩いていたので当然その会話は全て妄想だった。

今日の散歩で最もフォーレに見せたいと思った風景はここだ。

3年くらい前の曲なのにもう、懐かしいな、と思いながら、それから1時間くらい街を歩いて、家に着くまでおもいでしりとりという曲名が耳から離れなかった。

いい感じ!~かわいかったこと2022~

いい感じ!~かわいかったこと2022~

 

・蒼波ユウさんの前髪ぱっつん

・峰島こまきさんのメイク

原田珠々華さんの活動

 

 

 

・蒼波ユウさんの前髪ぱっつん

私は前髪ぱっつんという髪型が好きです。あらゆる髪型の中で最も好きです。そこに欠けているからこその良さのような感覚はなく、レーダーチャートで最大の正多角形が作られています。

色は黒髪に、長さはまつ毛に近ければ近いほど好きで、前髪以外の髪の毛にアレンジがなければないほどさらに好きです。

全ての始まりはある孤独な中学生が当時大学生のシンガーソングライターmiwaさんに恋心を抱いていたことでした。

時は流れ彼は乃木坂のファンになりましたが最初の推しメンは堀未央奈さんでした。

そして2022年暮れ、私は蒼波ユウさんの前髪ぱっつんに感銘を受けました。

ライブに足を運び写真を撮りました。前髪ぱっつんを褒めました。

ありがとうございました。

 

 

・峰島こまきさんのメイク

最近、SNSでチェックしている峰島こまきさんのビジュアルに感動する頻度が高く、なるほどぼくはこの方のメイクを特にかわいいと感じるのだろうと思いました。

コスメの技術や歴史についてほとんどなにも知らないので今のひどく素直なかわいいをこの感覚的な反応に見ました。

さて部分的にですが同じコスメを買って同じメイクを家で練習してみました。

想像力のオタクなどと言っているくせに実地でやらないとわからないんです。

ライブにはあまり行かずに楽曲ばかり聴いていますがかわいいことは現場派かもしれないです。

これを成人男性がやっているとだいぶ悲しくなる瞬間はまあありますが(それはそう)、うわそうだったのかと思うことも多く、カルチャーショックを受ける楽しさがあります。海外旅行みたいなもんです。知らないこと知りたいんでしょ?

ぼくはアイドルソングにまつわるあらゆることをあまくかわいいでしか考えたくないだけです。

インターネットでは、社会派にでこぴん!

 

 

原田珠々華さんの活動

原田珠々華さん、そして栗原舞優さん、本当にありがとうございました。

私はやっぱりかわいいという感情を信じていくことに希望があると思いました。

 

 

open.spotify.com

 

 

いい感じのご飯をお供に紅白を見ながら書きました。みなさん良いお年を。

 

クリスマスに気付いた

 札幌駅に到着した松本は大雪のような人混みを掻き分けながら喧騒に紛れてプレゼントを探し回るひげを伸ばした人間、なのか、それはひげの意味がサンタクロースでなくても、枕元やベッドの横や、あるいはカーテンにかけたかわいい靴下を編み物が趣味の親や友だちに作ってもらっていたり、もちろん自作なのかもしれなくて、それはどうやって風の吹き回しを、どうやって偶然の流れを捉えるかにもよるが、何てこともない趣味が特別な日の何かになってしまっていたりだとか、クリスマスの時間を彩るための準備に取り掛かる人間は自分の身なりよりも誰かの感情にあたたかい服を着せてあげたいと思っているはずなのだ。

 もしかすると松本が間に合わせたい全てのことが今日、カレンダーだって白くいつも通りの地だとしても、クリスマスイブを通過していくこの自由な寂しさに慣れた光景が、徹夜で半目になりつつお土産すら持たぬ帰り道、こんな時にもまたやってくるのではないかと思った。続いて、すぐに、全ての予定を変えることに決めた時、今度がなくてもまた今度で良いのだと思った。

 松本は大雪のような人混みを掻き分けながら喧騒に紛れてプレゼントを探し回るひげを伸ばした人間になれる。

 物産展をぐるぐると、脳内の血の巡りが同じようにそうなっていたと言えるくらい何度も同じエリアに戻ってきてはそれは誰へのあれは誰へのお土産が良いだとか、ひとネタふっかけるようなたちでもないなとか、ぶつぶつと独り言を放出してプレゼントの購入に成功したのだった。

 駅のラーメン屋で注文した味噌ラーメンを見ていると、麺の上、その高く積まれた大量の葱に向かって、これは雪なんだとありったけの白こしょうを勢いよくふりかけることになった。すぐに隣の人のくしゃみで目覚めてしまうのだけれど、そうしてかつての朝、自宅の小さなクリスマスツリーに掛けられたプレゼントを見て叫んだ「サンタさん来た!」という自らの言葉を思い出す。

 松本はいつもより大きな声で「いただきます!」と言ってみた。

アイドルソングでフルコースのプレイリストを作った

open.spotify.com

 

Overture"Cheer" / のらりくらり

 

前菜: appetizer / airattic

 

スープ: クラムチャウダーが冷めちゃう月曜日 / SUPER☆GiRLS

 

魚料理: 魚たちのLOVE SONG / 乃木坂46

 

肉料理: 鳥Trick / 鳥 very bird

 

ソルベ: クリームソーダLove / Negicco

 

生野菜: ひらけごま / 50天

 

甘味: チョコとミント / かすみ草とステラ

 

果物: ミルクと檸檬 / 川上きらら

 

コーヒー: sugar beat / 美味しい曖昧

 

完食 / fishbowl

 

酒: テキーラサンライズ 2022 / nuance

 

ラ: LOVE麺 恋味 やわめ / 虹のコンキスタドール

 

餃: 恋餃子 / STAiNY

 

チャ: 恋せよ!ぱらぱら半ちゃーはん / アンスリューム

 

 

 

オレ的宮野弦士ワークスアイドルソングベスト3 2022

オレ的宮野弦士ワークスアイドルソングベスト3 2022

 

オールタイムベスト

espressoonrice.hatenablog.jp

 

今年のランキング

3. days ~キミだけがいない街~/東京女子流

open.spotify.com

 

女子流&宮野印といえば「kissはあげない」を思い浮かべます。

2018年の衝撃から、そしてあれからも宮野さんの楽曲を聴き続けていると、この曲はかなり攻めていたと振り返ることができます。それは女子流が当時から攻めていたという意味で、それは「days ~キミだけがいない街~」が収録された今年のアルバム『ノクターナル』における到達点、集大成感にアイドル楽曲界隈からの賞賛の声がやまないことに共感を禁じないことです。

さらに『ノクターナル』収録楽曲の作編曲に「宮野弦士」と印されたものが1曲しかないことは一抹の寂しさを感じさせますが、それに近しく、やはり、フィロソフィーのダンスのことを思い出さずにはいられません。

確かにフィロのスのオリジナルアルバム(2016,2017,2019)は完璧な作品でした。

エクセルシオール』においてはこのサウンドの方向性でこれ以上の作品が出ることは10年のくくりであるのかと思うほどでした。

私は今一度2014年に女子流がリリースしたアルバム『Killing Me Softly』を聴いています。2016年からアイドルソングを聴き始めた後追いではありますが、女子流の曲はこの頃から、もっと言えば初期からずっと油がのっていました。

アイドル楽曲大賞で登壇者をつとめられている宗像明将さんは毎年このようなことをおっしゃります。「楽曲大賞ではブラックミュージックの要素がある曲が評価されやすい」

これは正しく、少々偏った分析かもしれません。しかし私たちが楽曲派と名乗り、楽曲派と命名し、評価されること、それらのシーンに最も近い感覚なのではないのでしょうか。

アイドルソングという国内でもかなり狭いシーンに存在する楽曲派という不思議ラベリングはアイドルと音楽の関係性をとても面白く表現していると思いますし、今はそう言うしかないという爽やかな諦めをも感じています。

2022年基準から、日本のアイドルシーンが作り出した独自のくくりで最もその中心に位置している作品が東京女子流『ノクターナル』でしょう。このアルバムに宮野弦士さんが参加していることの強い意義、近年、サウンドもジャンルも大幅にスケールアップしている宮野さんがシーンの中心にいたことを「days ~キミだけがいない街~」一曲だけで示した傑作です。

もうアイドルソングベスト3と言わず、宮野弦士楽曲大賞を開催するべきかもしれません。ドナルド・フェイゲン「ナイト ライト サイド」も「TOKYO WATASHI COLLECTION」も「水色のSunday」も世界一良い曲 2022でした。ありがとうございます。

2022年、宇多田ヒカルは傑作アルバムを出しました。山下達郎の新作はいつも通りオタクでした。

国内の音楽シーンとゆるやかに同期する、それは女の子が憧れの人を後ろからゆっくり追いかけていく"可愛さ"と重なるのでしょうか。私は今年もそういった気持ちで推しメンの推しメンを楽曲派として眺めることがありました。

イントロは#スネアデカい選手権のGuy「Do Me Right」から宇多田ヒカル「Automatic」まで、近年ではたとえばさよならポニーテール「みえないフレンド」をポップにくくるような安定のドラムです。

ロバータ・フラックに始まり、2014年の女子流を経由し、山下達郎の新作まで変容しつつも通底してきたSoftlyという意味を追いかけることが私のアイドルソングオタクとしてのまっぐな感覚なのかもしれないと思索にふけています。

open.spotify.com

open.spotify.com

open.spotify.com

open.spotify.com

open.spotify.com

open.spotify.com

open.spotify.com

open.spotify.com

open.spotify.com

open.spotify.com

 

 

2.透けるインサイド/SAWA

open.spotify.com

 

私にとって今年はSAWAさんの楽曲を「アイドルソング」で評価することに意味があります。

SAWAさん主催のイベント「サワソニ」に推していたアイドルグループが出演していました。きとかのです。きっと誰かの秘密兵器から改名し、今年、活動に幕を下ろしたきとかのには私の推しメン、来世最いのるさんがいました。

SAWAさんはきとかのに曲を書いていたわけではありませんが、アイドルイベントでシンガーに出会い、その方の楽曲をチェックすることは楽曲派にとってありふれた現象です。

私は今年、きとかのに楽曲を提供していた中村さんそさんのワンマンライブに行ってきました。

アイドルに曲を書いているシンガーに大好きなクリエイターが関わっていることにアイドルとしての価値を感じています。

これは強引な解釈かもしれませんが、私にとってアイドルソングとは、まず軸として自分のことをアイドルだと言っているあるいは思っている人が出す音楽、または、シーンとしてリスナーが[アイドル/アイドルソング]だと思っている[人が出す音楽/音楽]だと思っていることが理由です。

さて、渋谷系テイスト溢れる「透けるインサイド」はRYUTist「青空シグナル」と共鳴し、沖井さんがどう表現するかはわかりませんが...笑 とにかく強い説得力があります。それは宮野さんが沖井さんに言ったように、私も宮野さんにそう言いたいのです。「ストリングスのフォール」←なんだか懐かしいような

twitter.com

open.spotify.com

open.spotify.com

 

1.TUNED!/さよならステイチューン

open.spotify.com

 

フィロソフィーのダンス「シスター」の落ちサビでJamiroquai「Virtual Insanity」のイントロが引用されたことは記憶に新しいです。いつまでも新しいです。イントロをイントロに使い回したわけではありません。それは完全に私の思う宮野さんでした。

シティポップの大きすぎるシーンは徐々に音を変えて行きました。

Suchmos「STAYTUNE」から遡った山下達郎「SPARKLE」まで、笑ってしまうくらい音色の異なるものまでシティポップとして成立してしまう巨大な力が動いていた数年間でした。

さよならステイチューン「TUNED!」のイントロはラジオパーソナリティに扮したメンバーの声からTATSURO YAMASHITA「SPARKLE」風のあのギターカッティングから始まります。

今回は『COME ALONG Ⅱ』でした。ニクいです。DJ:KATSUYA KOBAYASHI & KAMASAMI KONGはDJ:さよならステイチューンに、ベストヒットUSAはベストヒット☆STAYTUNEDになり、アイドルソングがシティポップ(と呼ばれるもの)に可愛く接近できたことを表しているのではないでしょうか。

私はそこにまた、あたためて来たものをゆっくりと、それでも可愛く忍び寄るオルタナアイドル勢の凄まじい音源の公開が行われた2022年の下半期に時代の"状況"を感じているのでした...

open.spotify.com

open.spotify.com

 

おまけ オレ的宮野弦士ツイートベスト3 2022

3. 

泣ける

 

2.

好きなことを交互にやりたい

 

1.

ずーちゃんの笑顔が好きなんです

 

オレ的宮野弦士ワークスアイドルソングベスト3 2022 おわり